ナッツ類の能力!愛犬の医療費削減にも繋がる効果と危険性を徹底解説

Benefits of nuts

Benefits of nuts

ナッツ類の能力!愛犬の医療費削減にも繋がる効果と危険性を徹底解説

ナッツ類の能力が愛犬にどのような効能効果をもたらすのか徹底調査しました。
あなたの愛犬にとって病気の危険性に繋がる食材は避けて、健康を崩す前に、日々の食生活で予防出来れば、医療費削減にも繋がるのではと思います。

*愛犬の医療費は削減できるのか!?

私達と同じように、愛犬も年齢に応じて日々大なり小なり体調に変化がおきます。私達が体調を崩して病院にかればば、医療費は二割~三割程度の負担で済みますが、愛犬は実費になります。症状、医院で若干の違いはありますが、おおよそ下記の医療費がかかります。

Medical-cost-reduction

*年齢別の傷病ランキング

順位 0歳 1~6歳 7歳以上
1 下痢 皮膚炎 皮膚炎
2 外耳炎 外耳炎 腫瘍
3 皮膚炎 胃腸炎 心臓病
4 遺物誤飲 遺物誤飲 歯周病
5 胃腸炎 下痢 外耳炎

皮膚炎の治療費用:40,000円~70,000円程
胃腸炎の治療費用:5,000円~20,000円程
外耳炎の治療費用:3,000円~5,000円程
歯周病の治療費用:50,000円~
心臓病の治療費用:4,000円~10,000円程/月(薬代)
遺物誤飲の治療費用:50,000円~200,000円程
*参考資料:ペット保険比較アドバイザー

*手術別の保険金請求が多い傷病ランキング

順位 傷病名 参考診療費
1 腫瘍 皮膚腫瘍を手術例(90,400円)
2 歯周病 全身麻酔で歯石除去と抜歯例(97,300円)
3 骨折 骨折手術例(308,700円)
4 遺物誤飲 全身麻酔で内視鏡で異物摘出例(89,000円)
5 膝蓋骨脱臼 ずれた膝蓋骨の手術例(254,000円)

※この参考診療費等のデータは一例で、一般的な平均・水準を示すものではありません。
*参考資料:アイペットの保険金請求データを元にしたサンプル調査

愛犬にかかる医療費は私達の生活にも、かなりの負担になります。細かい制限はありますが、ペット保険に加入すれば、保険料 2,480円/月~ 程で医療費の50%~90%程カバーできます。(アイペット損害保険株式会社調べ)

私の愛犬はポメラニアンですが、散歩のときに、側溝をカバーしてある小さな穴に足を踏み入れ、骨折はしませんでしたが、完治する一ヶ月間は不自由な思いをさせました。日頃からもっと愛犬に注意を払っていれば、避けられた出費だと、後悔しています。

また、愛犬の日常の食生活でその病気予防ができるのであれば、医療費削減につながり試す価値は多分にあると思います。

*ナッツ類の能力!効能効果と危険性を徹底解説

愛犬はナッツ類をあまり噛まず丸呑みしてしまう可能性が高く、特に小型犬や老犬の場合は、気管や喉、消化器に詰まってしまう危険性があります。ナッツ類は基本的にどれも愛犬にとって消化が悪いため、食べすぎると嘔吐や下痢などの消化器症状を引き起こす可能性があります。また、ナッツ類はカロリーが非常に高いため、食べすぎると肥満や体調不良につながるおそれがあります。

Is it okay to give them nuts

Is it okay to give them nuts

*カシューナッツ・アーモンド・ピーナッツ・マカダミアナッツの主な成分、効能効果&日本食事摂取基準摂取の推奨量 /日

*日本食品標準成分表2020年版(八訂)を基準値として、その食材の値が10%以上になる成分が
ペットに有効に作用すると思われ、取り上げて表記しています。

*タンパク質は炭水化物・脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれています。人間や動物の筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなっている必要な栄養素です。 主にアミノ酸によって構成されています。

*脂質は欠かせない三大栄養素の1つです。重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、臓器を保護したり、皮下脂肪として体を寒さから守る働きもあります。また、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなど、重要な役割を担っています。

*食物繊維は小腸をスルーして大腸まで達する食品成分で、腸内の善玉菌を増やし快便にする腸内環境の改善(便秘の予防)だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度を抑制するなど、多くの生理機能が明らかになっています。

*炭水化物中の糖質は愛犬の必要なエネルギー源となる大切なものです。すぐに体内でエネルギーに変換されるものや、ゆっくり変換されるものもあるので、継続的に愛犬にエネルギーを補給することができます。つまり、元気な状態を長時間キープするのに役立ちます。

*ナトリウムはカリウムとともに体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持し、筋肉の収縮、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにも関与しています。また、循環血液の量を維持し、血圧を調節しています。

*カリウムは、ナトリウムとともに、血圧を安定させるほか、心臓機能や筋肉機能の調節、細胞内の酵素反応の調節などの重要な働きをしています。また、カリウムはナトリウムと連携し細胞を正常に導き、尿中への排泄を促進するため、結石予防にもつながります。カリウムが不足すると、歩行困難、食欲不振、元気消失などの症状につながります。また、カリウムの量が過剰となってしまうと、高カリウム血症を引き起こします。高カリウム血症は、四肢のしびれや筋力低下、嘔吐、脈拍の異常(不整脈・頻脈)が表れ、最悪の場合は死に至るほど重篤化する危険性があります。カリウムは、水に溶ける性質があるので、水にさらしたりすれば、調理前 の1/3〜2/3に減らすことができます。

*カルシウムは、骨や歯の主要な構成成分になるほか、細胞の分裂・分化、筋肉収縮、神経興奮の抑制、血液凝固作用の促進などに関与しています。

*マグネシウムはエネルギー産生機構に深く関わっており、栄養素の合成・分解過程のほか、遺伝情報の発現や神経伝達などにも関与しています。また、カルシウムと同じように筋収縮を制御したり、血管を拡張させて血圧を下げたり、血小板の凝集を抑え血栓を作りにくくしたりする作用もあります。

*リンの主な働きは、骨や歯を丈夫にしたり、細胞やDNAを構成したりすることです。そのほか、代謝のサポートや体内の浸透圧の維持などの役割も担っています。リンが欠乏すると、骨・歯やDNAの発達に支障が出やすくなります。反対に体内のリンが過剰になると、カルシウムの吸収を妨げるなどの悪影響が出ます。

*鉄の主な働きは全身に酸素を運搬すること。 鉄不足により脳へ酸素がいきわたらないと思考力、学習能力、記憶力の低下につながります。鉄の適量摂取は運動能力や学習能力の向上が期待できます。

*亜鉛は粘膜を保護するビタミンAを体の中にとどめる効果があり、病気を引き起こす細菌を攻撃する白血球にも亜鉛が含まれているので、傷や病気の早期回復にも亜鉛は必要とされています。

*銅は、酸化反応にかかわり、結合組織の形成、鉄の代謝、被毛の保護、神経機能やエネルギー代謝など多くの反応に必要なミネラルです。銅が欠乏すると、上記の機能が損なわれるため、骨の異常や子犬の成長不良が生じたり、貧血になったり、被毛の色が薄くなったり、神経や筋肉の異常を生じてしまいます。

*マンガンは体内の代謝で重要な多くの酵素を活性化させます。体内の機能維持に必要な元素で、生殖能、脂質代謝、脳機能に関わるとされています。

*ビタミンEは細胞膜にダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化作用があるので、皮膚疾患への抗炎症作用や、愛犬の生活習慣病や老化が原因の疾病予防と治療に役立つと思われます。脂質と一緒に摂ることで吸収が促進されます。

*ビタミンKの主要な作用は、血液凝固に関与するものです。血液が凝固するのには、プロトロンビンなどの血液凝固因子が必要ですが、プロトロンビンが肝臓で生成されるときに、補酵素として働くのがビタミンKです。そのためビタミンKが欠乏すると血液中のプロトロンビンが減少し、血液凝固に時間がかかり、出血が止まりにくくなります。

*ビタミンB1は愛犬の皮膚や粘膜の健康に保ち、糖質を代謝してエネルギーに変える働きがあるので、疲労回復や筋肉の機能を正常に保つのに役立つと考えられます。ビタミンB1が不足すると、皮膚にトラブルが起こったり、毛艶が悪くなったりすることがあります。また、歩行障害や筋力の低下を起こす可能性もあります。

*ビタミンB2は水溶性のビタミンで、糖質、脂質、タンパク質の代謝、エネルギー産生に関わる酸化還元酵素の補酵素として働きます。ビタミンB 1が糖質の代謝に関わるのに対して、ビタミンB 2は特に脂質の代謝を助け、皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生に役立ちます。「発育のビタミン」ともいわれ発育促進に欠かせない栄養素です。

*葉酸はビタミンB群の水溶性のビタミンで、ビタミンB 12とともに赤血球を作るので「造血のビタミン」ともいわれています。さらに、DNAやRNAなどの核酸やタンパク質の合成を促進し、細胞の生産や再生を助けます。特に、お腹に胎児のいる妊娠中の母犬や、成長期の愛犬には必要な栄養素です。

*ナイアシンは 糖質や脂質を燃やしてエネルギーを作り出すときや、アルコールを分解するときに働く「酵素」を助ける「補酵素」としての役割を担っています。皮膚や粘膜の健康維持を助けるほか、脳神経を正常に働かせる効果があります。

*ビタミンB6は、免疫機能の正常な働きの維持、皮膚の抵抗力の増進にも必要で、赤血球のヘモグロビンの合成にも欠かせない栄養素です。また、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎ、肝脂肪の予防にも効果を発揮します。

*パントテン酸(ビタミンB5)は水溶性ビタミンで、ビタミンB群の1種です。エネルギー代謝に欠かせない栄養素であり、免疫抗体の合成、薬物の解毒作用、脂質の代謝を促すHDLコレステロールの増加、副腎皮質ホルモンの合成による抗ストレス作用とさまざまな働きがあります。腸内細菌によって体内でもわずかに合成される栄養素です。

*ビオチンはビタミンB群に属する水溶性のビタミンで、皮膚の炎症を防止する因子であることが発見されています。水やアルコールに溶けやすく、熱、光、酸に対しては安定ですが、アルカリに対しては不安定です。

μg(マイクログラム)はmg(ミリグラム)の1000分の一 なのでμgの成分は省略しています。
ナッツ類の主な成分、効能効果(100gあたり) 摂取の推奨量/日
成分名 値(カシューナッツ (アーモンド) 値(ピーナッツ) 値(マカダミアナッツ) 効能効果 成分名 成人男性~高齢 成人女性~高齢
エネルギー 591 kcal 609 kcal 573 kcal 751 kcal 熱量 エネルギー 2200±200kcal 1400~2000kcal
水分  3.2 g 4.7 g 6.0 g 1.3 g 水分 1.5~2リットル 1.5~2リットル
たんぱく質  19.8 g 19.6 g 25.4 g 8.3 g 体組織の生成 たんぱく質 65 g 50 g
脂質 47.6 g 51.8 g 47.5 g 76.7 g エネルギー源 脂質 40~60 g 40~60 g
食物繊維総量 6.7 g 10.1 g 7.4 g 6.2 g 腸内環境を改善 食物繊維総量 21 g以上 18 g 以上
炭水化物 26.7 g 20.9 g 18.8 g 12.2 g 組織にぶどう糖を供給 炭水化物 250 g~325 g 250 g~325 g
有機酸 – g – g – g – g 悪玉菌の発生を抑制 有機酸 (クエン酸 693mg,コハク酸103mg, 酒石酸 31:2mg,ファール酸 45.8mg、リンゴ酸176mg)
ナトリウム 220 mg 1 mg 2 mg 190 mg 血圧を調節 ナトリウム 7.5 g未満 6.5 g 未満
カリウム 590 mg 760 mg 740 mg 300 mg 血圧を安定させる カリウム 2,500 mg 2,000 mg
カルシウム  38 mg 250 mg 50 mg 47 mg 骨格を構成する カルシウム 800~700 mg 650~600 mg
マグネシウム 240 mg 290 mg 170 mg 94 mg エネルギー代謝に関わる マグネシウム 340~320 mg 270~260 mg
リン 490 mg 460 mg 380 mg 140 mg 骨や歯を構成 リン 1000 mg 800 mg
4.8 mg 3.6 mg 1.6 mg 1.3 mg 全身に酸素を運ぶ役割 7.5 mg 10.5 mg~16.0 mg(妊婦)
亜鉛 5.4 mg 3.6 mg 2.3 mg 0.7 mg 身体の成長と維持に必要 亜鉛 11 ~10 mg 8 mg
1.89 mg 1.17 mg 0.59 mg 0.33 mg 貧血を予防 0.9~10 mg 0.7 mg
マンガン – mg 2.45 mg 1.56 mg – mg 骨・肝臓の酵素作用を活性化 マンガン 4.0 mg 3.5 mg
β−カロテン当量 10 μg 11 μg 6 μg Tr μg 皮膚や粘膜の健康を維持 β−カロテン 400~900 μg 350~700μg
ビタミンE 5.4 mg 30.0 mg 10.0 mg Tr mg 脂質の酸化を防止し老化防止する ビタミンE 6.0~6.5 mg 5.0~6.5 mg
ビタミンK 28 μg 0 μg Tr μg 5 μg 血液凝固の補助 ビタミンK 150 ㎍ 150 ㎍
ビタミンB1 0.54 mg 0.20 mg 0.85 mg 0.21 mg 糖質を燃やしてエネルギーに変換 ビタミンB1 1.4~1.2 mg 1.1~0.9 mg
ビタミンB2 0.18 mg 1.06 mg 0.10 mg 0.09 mg 発育促進剤 ビタミンB2 1.6~1.3 mg 1.2~1.0 mg
葉酸 63 μg 65 μg 76 μg 16 μg 細胞の生産や再生を助ける 葉酸
240㎍ 240㎍ 妊婦240㎍追加
ナイアシン当量 7.0 mg 7.2 mg 22.0 mg 3.7 mg DNAの修復や合成に関わる ナイアシン 15~13 mg 11~10 mg
ビタミンB6 0.36 mg 0.09 mg 0.46 mg 0.21 mg タンパク質の分解を助ける ビタミンB6 1.4 mg 1.1 mg
ビタミンB12 0 μg 0 μg 0 μg 0 μg DNAの生成を助ける ビタミンB12
2.4㎍ 2.4㎍
パントテン酸 1.32 mg 0.49 mg 2.56 mg 0.50 mg 薬物の解毒作用、等 パントテン酸 5~6 mg 5 mg
ビオチン 19.0 μg – μg 92.0 μg 6.5 μg 抗炎症物質を生成 ビオチン 幼児4 ~50 μg 成人 50 μg妊婦付加量2 μg授乳婦付加量5 μg
ビタミンC 0 mg 0 mg 0 mg 0 mg 老化、ガンの予防 ビタミンC 100 mg 100 mg
食塩相当量 0.6 g 0 g 0 g 0.5 g 食塩相当量 7.5 g未満 6.5 g未満

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)  種実類/カシューナッツ/フライ/味付け      種実類/マカダミアナッツ/いり/味付け
種実類/アーモンド/乾      種実類/らっかせい/小粒種/乾

*カシューナッツの能力!効能効果と危険性を徹底解説

愛犬にカシューナッツを与えても少量であれば大丈夫です

カシューナッツには体組織の生成、腸内環境改善、血圧を調整、心臓機能調節、骨や歯の強化作用、学習能力向上作用、感染症予防作用、被毛の色艶維持作用、老化疾病予防作用、血液凝固補助作用、皮膚の健康維持作用、発育促進作用、造血作用、皮膚の保護維持作用、肝脂肪の予防作用、薬物解毒作用、皮膚の炎症防止作用などの愛犬の健康に寄与する成分を含んでいます。

犬は食べ物をほぼ丸飲みして食べる傾向があります。そのため、他のナッツ類に比べてカシューナッツは粒が若干大きく、完全に噛まないで丸飲みすると食道を詰まらせたり、まれに気管に引っ掛かり傷つけることもあります。腸閉塞を起こしてしまう不安もあります。

カシューナッツは消化しにくいので、胃腸に負担がかかり、
cashew nuts下痢や嘔吐といった症状を起こす原因にもなります。

うちの愛犬もそうですが、愛犬に多い心臓病や腎臓病を患っている場合はよけいに危険性が高くなり、病気が進行する不安も出てきます。

*アーモンドの能力!効能効果と危険性を徹底解説

愛犬にアーモンドを与えても少量であれば大丈夫です

アーモンドには腸内環境改善、心臓機能調節、骨格の構成作用、血圧の調整作用、骨や歯の強化作用、学習能力向上作用、感染症予防作用、被毛の色艶維持作用、生殖機能活性化作用、老化疾病予防作用、皮膚の健康維持作用、発育促進作用、造血作用、皮膚の保護維持作用などの愛犬の健康に寄与する成分を含んでいますが、

アーモンドに多く含まれる不溶性繊維質は、腸内で水分を吸って便の量を増やし、便通を良くしたり、腸内の善玉菌を助けて腸内環境を整えたりしますが、市販されているアーモンド類には、味付けに塩分がつかわれています。この塩分は愛犬たちにとっては心臓や腎臓機能の負担になる心配があります。

almond愛犬にとっては少量でも高脂肪・高カロリーを摂取することになります。高脂肪&高カロリー食品は、過剰に摂取すると肥満になりやすく、糖尿病や高脂血症、膵炎(激しい嘔吐と食欲不振、腹部痛)の原因にもなります。

 

*ピーナッツの能力!効能効果と危険性を徹底解説

ピーナッツは無添加で無塩のものを少量あげる分には大丈夫です

ピーナッツは腸内環境改善、心臓機能調節、血圧の調整作用、骨や歯の強化作用、感染症予防作用、学習能力向上作用、被毛の色艶維持作用、生殖機能活性化作用、老化疾病予防作用、皮膚の健康維持作用、造血作用、皮膚の保護維持作用、肝脂肪の予防作用、薬物解毒作用、皮膚の炎症防止作用などの愛犬の健康に寄与する成分を含んでいますが、

アーモンドと同じように、ピーナッツの場合も含まれる豊富な不溶性食物繊維やハイカロリーは
愛犬の健康を損なう原因になることがあります。peanuts

私達よりも小さい愛犬にとっては少量でも高脂肪・高カロリーを摂取することになってしまいます。高脂肪&高カロリー食品は、過剰に摂取すると肥満になりやすく、糖尿病や高脂血症、膵炎(激しい嘔吐と食欲不振、腹部痛)の原因にもなります。

ピーナッツに多く含まれる不溶性繊維質は、腸内で水分を吸って便の量を増やし、便通を良くしたり、腸内の善玉菌を助けて腸内環境を整えたりしますが、市販されているピーナッツには、味付けに塩分がつかわれています。この塩分は愛犬たちにとっては心臓や腎臓機能の負担になる心配があります。

*マカダミアナッツの能力!危険性を徹底解説

愛犬にマカダミアナッツはNGです

macadamia nuts
マカダミアナッツは犬が中毒を引き起こすことが知られています。マカダミアナッツ中毒の原因は、明らかになっていません。愛犬に個体差はあるものの、ほんの少量でも中毒症状を起こすケースがある以上は、たとえひとかけらであっても愛犬にマカダミアナッツを与えないようにしましょう。

マカダミアナッツの高い脂肪分(76.7 g)によって、愛犬が膵炎を起こす可能性が出てきます。膵炎は命にかかわることもある、深刻な病気です。マカダミアナッツ中毒に陥ると、ほとんどの愛犬で、マカダミアナッツを食べてから12時間以内に症状が現れます。下記の症状が見られたら直ぐにかかりつけ動物病院に連絡してください。

・嘔吐
・震え
・横になって動かない
・歩けない
・高熱

Macadamia nuts are harmful for your dog

マカダミアナッツを食べたかもしれないときに、上記のような症状が現れた場合は、獣医師に相談しましょう。

*アレルギー反応に要注意

ナッツ類はタンパク質が多分に含まれています。タンパク質アレルギーを発症する可能性も出て来ます。人間でも人により、いろんな食材に対してアレルギー反応が出たり出なかったりします。
愛犬も同じです。ナッツ類を初めて与える際は、少量からスタートしましょう。以下の症状が見られた場合は、アレルギーの可能性があります。

・下痢、嘔吐
・皮膚のかゆみ
・目の充血
・元気がない

allergic reaction

ナッツ類を食べた際に上記のような症状が現れた場合は、獣医師に相談しましょう。

*全国の夜間専門動物病院一覧

かかりつけの動物病院がしまっている夜間に突発的なアクシデントが発生すると、うろたえてしまいます。そんな時は夜間専門で対応する動物病院が頼りになります。夜間診療のため、必ず事前に電話連絡してください。

いつごろ、どのくらいの量を食べたか、症状が出ていたらどうしたらいいかなど、できるだけ詳しくメモをして動物病院へ連れていくか、電話で問い合わせてください。

仙台獣医師会夜間救急動物病院 日本小動物医療センター
仙台市宮城野区苦竹1丁目2-51
TEL:022-794-9985 営業時間 21:00~5:00
http://www.svet.jp/yakan/
埼玉県所沢市東所沢和田1丁目10番4号
TEL:04-2946-7313 営業時間 21:00~5:00
https://jsamc.jp/services/yakan.html
F&S動物救急都 東京動物夜間病院
アニマル・ドクター・カーで
自宅付近へ往診
TEL:03-5941-2552 営業時間 20:00~3:00
https://help-life.info/
東京都品川区平塚2-5-8
TEL:03-5702-0012 営業時間 21:00~5:00
http://animal24.tokyo
夜間救急動物医療センター DVMs どうぶつ医療センター横浜
神奈川県平塚市片岡21-1
TEL:0463-59-5900 営業時間 21:00~6:00
https://www.city.isehara.kanagawa.jp/
docs/2013040100416/
神奈川県横浜市神奈川区沢渡2−2 第二泉ビル2F
TEL:045-473-1289 営業時間 21:00~2:00
https://yokohama-dvms.com/
湘南夜間救急動物病院 北摂夜間救急動物病院
神奈川県藤沢市片瀬4-14-8
TEL:0466-26-9912 営業時間 9:00~6:00
http://www.seamec2006.com/
大阪府箕面市船場東2丁目3−55
TEL:072-730-2199 営業時間 21:00~6:00
http://www.heah.jp/
京都夜間どうぶつ診療所 福岡夜間救急動物病院
京都府久世郡久御山町佐山西ノ口10-1日本ファミリービル 1F
TEL:0774-44-3139 営業時間 20:00~2:00
http://nac-kyoto.com/
福岡県福岡市博多区月隈5-2-40
TEL:092-504-8999 営業時間 21:00~5:00
http://www.pet99.net/

*まとめ

ナッツ類は少量で無塩あれば、トッピングやおやつとして愛犬に与えても大丈夫です。ただマカダミアナッツは中毒を起こす危険性があるので、愛犬に与えるのはNGです。くれぐれも、アレルギー反応にも要注意です。

主食のドッグフードは栄養バランスを考えて成分が配合されています。なので、あなたの愛犬の健康を少しでも改善でき、医療費削減につなげる為に、症状に合わせた食材をトッピングする参考にしてください。

・愛犬が食べることができる人間の食品
・愛犬が食べてはいけない食品
・与えてもいい果物
・与えてはいけない果物
・与えてもいい野菜
・与えてはいけない野菜

愛犬の医療費削減につながる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説
上記の記事にそれぞれの食材の効能効果、詳細をまとめています。参考にしてください。
愛犬と長く楽しく暮らすためにも、愛犬の健康管理は重要ですね。

Stay healthy and stay by my side

About naon

今までに2匹の愛犬に癒されて過ごしてきました。ヨークシャーテリアのエルは14歳まで共に生きてくれました。2匹目のポメラニアンのウジュは13歳までお互いに癒しと笑顔を共有出来ました。 私達人間と同じように歳を重ねると愛犬も体調を崩し始めます。 ドッグフードも健康を考え含有成分を調べて善いと思われるドッグフード選び、今の自分の愛犬の健康を改善できる食材をトッピングして共に生きてくれました。愛犬のために調べた健康改善に役立つ情報をブログに書き留めました。あなたが愛犬と一日でも長く過ごせる参考にして頂ければ、 エルもウジュも喜ぶと思います。
This entry was posted in 愛犬に与えてはいけない食品 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメント頂ければ嬉しいです